2010年8月に「建築家ブルーノ・タウト 人とその時代,建築,工芸のご紹介」を上梓しました。購入はこちらからお申込み下さい。 トップページには最新の記事が表示されます。最新5件の記事はメニューの一番上「最近の記事」に記載されています。それ以前の記事は「月ごとの記事」「カテゴリ」等でご覧下さい。

2008年03月31日

ミルテンベルク

2007年3月にかってのベルリン工科大学ヘルマン・リーチェル研究所で共に学び仕事をした仲間が同窓会を開き、フランクフルトの暖房と衛生の国際博覧会ISHを見学した後ミルテンベルクのホテルリーゼンで2日間合宿を行った。

112_1.jpg
ミルテンベルクのホテルリーゼンとマイン河を挟んだ反対側に修道院(Kloster)があります。最後は急斜面になっていて結構きつかったですがみんなで登りました。

112_2.jpg
修道院から眺めたミルテンベルグの町です。屋根の色が統一されていて綺麗です。左をゆっくり流れるのがマイン河です。マインツでライン河に合流します。

112_3.jpg
修道院(Kloster)へ登る道にはキリストの受難の像が並びます。この前で胸に手を当てて十字を切りながら登る人もいます。

小生も招待を受け日本から駆けつけ昔の懐かしい面々と再会を果たした。夜は午前2時まで近くのビアホールで歓談、昼間は宿とマイン河を挟んで反対側の丘に建つ修道院へハイキングを行った。

112_4.jpg
キリスト受難の像

112_5.jpg
修道院に登り、皆でビールで乾杯しました。修道院でビール?いえ修道院でしっかり地ビールを作っているのです。ミュンヘンで美味しいビールも修道院で作られます。

ドイツの大学で同窓会は珍しいそうで、小生のいた研究所がむしろ変わっていると言ってよいそうである。

112_6.jpg
Maria Hilf Wegとあります。マリア様の道、すなわち修道院に上る道は結構急傾斜なのです。日本の山寺に登る際も「男坂」、「女坂」があるようにここでもマリア様の道は傾斜が緩いが距離が長いという道です。日本もドイツも発想は同じですね。


posted by 田中の住居学 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 街並み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

木を使う

地球温暖化ガスである二酸化炭素の排出を減少させることが急務になっています。ドイツではそのために「木」を使うことに一生懸命です。

111_1.jpg
木を燃焼させて採暖する、調理を行うと言うことは原始時代から行われていました。(CelleのBoman 博物館)

111_2.jpg
このような暖炉でも燃料は薪でした。

木は森林で生長しているときに二酸化炭素を吸収して炭素として取り込みます。これを燃料にしようとし、薪として使用、ペレットとして使用することが流行しています。

111_3.jpg
カッヘルオフェンは過去の暖房機と見られますが、薪を燃料として使用するのに具合がよいことからまた見直されています。

111_4.jpg
2007年3月にフランクフルトで開催された暖房と衛生の国際見本市ISHでカッヘルオフェン(Kachelofen)が薪の燃焼に良いとして展示されていました。

ペレットを作るときも木の持っているリグニンで接着させ決して人工の接着剤を使用しないのが原則だそうです。
ドイツの木を使うことで、ドイツの林業を活性化させようと言うのが彼らの主張です。我が国においても同じ事がいえます。

111_5.jpg
豪華なカッヘルオフェンも薪を燃焼させて展示されていました。

111_6.jpg
ドイツの材木屋さんです。左にあるのがペレットです。ペレットをストーブの燃料として使用することが薦められています。
posted by 田中の住居学 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 街並み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

ホンベルクの門扉その3

門扉の写真を撮影したらとても2報では納まらない量になってしまいました。やや冗長な管もしますが、ここに第3報をご報告いたします。すべてホンベルクで撮影したものです。

110_1.jpg
これはガレージの門扉です。この扉を開けてVWが出てきました。

110_2.jpg
木造の門扉です。

110_3.jpg
木造の門扉ですが、なかなか堅固そうに見えます。

110_4.jpg
これはホンベルクの民族博物館に展示されていた門扉です。

110_5.jpg
堅固な木造の門扉です。

110_6.jpg
農園へ入る門扉です。
posted by 田中の住居学 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 街並み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

ホンベルクの門扉その2

昔から安全な町であった日本ではつい最近まで門に鍵も掛けずに生活をしていました。ドイツは東西・南北に人々が通過する地点にありました。それだけに他人に対する警戒はしっかりしていました。また門を入れば自分の生活があるとして門をしっかり作ったのでしょう。先週に引き続きホンベルクの門扉をお見せします。

109_1.jpg
木造の相当古くなった門扉

109_2.jpg
ルネッサンス調の住宅門扉

109_3.jpg
整然とした模様のある住宅門扉ここは何家族かで住んでいるようで、沢山の呼び鈴が付いていました。

109_4.jpg
農耕車でも出入りしたのでしょうか、背の高い門扉です。

109_5.jpg
やや近代的な住宅の門扉です。

109_6.jpg
やや楽しそうな門扉です。玄関にも花が飾ってあり、ロマンチックに生活をしているように見受けられます。

109_7.jpg
ふくろうの顔といわれそうな門扉です。

109_8.jpg
一般住宅の門扉です。
posted by 田中の住居学 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 街並み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

ホンベルクの門扉その1

最近日本の住宅の扉はサッシメーカーの工場生産品を使用する場合が多くなっています。性能は良くなりましたが、変化が少なく面白味に欠けます。ドイツの町を散歩しますと、特に古い町では興味深い門扉を多く見ることが出来ます。ホンベルクも古い町ですので、面白い門扉に遭遇することができました。ここにいくつかの門扉をご紹介いたします。

108_1.jpg
Stadt Cassel(カッセル市)という看板を掲げた家の門扉です。Casselは今のKasselです。Ab nach Kasselという言葉があります。本来は「逃げろ!」「失せろ!」という意味ですが、時々おかしな翻訳に出会います。「カッセルへ向けて出発だ!」という訳に出会ったこともあります。なぜそういうのか何人かの識者に聞きましたが、はっきりした説明を受けていません。

108_2.jpg
木造の門扉です。

108_3.jpg
市民の家の門扉です。木造ですが、簡単なことでは窃盗犯も侵入できないでしょう。

108_4.jpg
これも木造の門扉です。中世の騎士が出入りするような門にも見られますね。

108_5.jpg
金属製の門扉です。なかなか堅固に出来ています。
上部は磨りガラスが入っています。

108_6.jpg
一般庶民住宅の門扉です。上部のガラスは例え室内で照明がついていても、外部から内部は見えない、しかし室内から外は見えるという仕掛けがあります。

108_7.jpg
最も堅固にみえる門扉の例です。散乱銃も突き抜けないかも知れませんね。
posted by 田中の住居学 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 街並み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。