2010年8月に「建築家ブルーノ・タウト 人とその時代,建築,工芸のご紹介」を上梓しました。購入はこちらからお申込み下さい。 トップページには最新の記事が表示されます。最新5件の記事はメニューの一番上「最近の記事」に記載されています。それ以前の記事は「月ごとの記事」「カテゴリ」等でご覧下さい。

2009年02月23日

ブルーノ・タウト設計のカール・レギエンの住宅都市(Wohnstadt Carl Legien)その2

カール・レギエンの住宅都市はブルーノ・タウトの設計です。他のタウト設計の住宅に比べると、住宅そのものの色合いは多色使いというわけではありません。しかしやはり扉などにははっきりした彩色が施され、タウトらしい特徴が見られます。ここではいくつかの住宅の玄関扉をご紹介いたします。

090223_1.jpg
カール・レギエンの集合住宅で見つけた青色の扉です。

090223_2.jpg
カール・レギエンの住宅団地で見つけた赤い窓枠です。

090223_3.jpg
カール・レギエンの集合住宅で赤く彩色された玄関扉を見つけました。

090223_4.jpg
カール・レギエンの集合住宅で見つけた黄色の彩色を施した玄関扉です。



posted by 田中の住居学 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築家ブルーノ・タウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

ブルーノ・タウト設計のカール・レギエンの住宅都市(Wohnstadt Carl Legien)

この住宅団地も2008年7月にユネスコの世界文化遺産に指定されました。ベルリンのPrenzlauer Bergにあります。1928年から1930年にかけて建設されました。タウトの他にFranz Hillingerが設計に協力しています。住宅団地の面積は8.4 ha、総面積は33.9 ha、緩衝帯面積は25.5 haで1145戸の住宅があります。ベルリン市の内部にあり、大規模なジードルングです。高密度な集合住宅で、高層化が計られました。それでいて圧迫感を抑え、通風や採光、色彩、形態に配慮が払われました。

090216_1.jpg
カール・レギエンの住宅団地中庭

090216_2.jpg
カール・レギエンの住宅団地の出窓に特徴がある。

090216_3.jpg
カール・レギエンの住宅団地・集合住宅の隅角部に取り付けられたガラス窓に特徴がある。

090216_4.jpg
カール・レギエンの集合住宅

090216_5.jpg
カール・レギエンの集合住宅ベランダは建物内に引っ込んでいる。
posted by 田中の住居学 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築家ブルーノ・タウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

ブルーノ・タウト設計の庭園都市ファルケンベルクその4

庭園都市ファルケンベルクは第一次世界大戦以前に手がけられた「生活共同体」(Genossenschaftliche Siedung)と呼ばれた住宅団地プロジェクトの一つです。生活革命を訴え、居住において格差の無い共同生活を目指すものでした。ここには個性的な住宅が多数存在します。

090209_1.jpg
ファルケンベルクには特徴のある住宅が多いのですが、その一つです。

090209_2.jpg
ファルケンベルクの色彩豊かな住宅

090209_3.jpg
ファルケンベルクの住宅、黒と赤の配色が強烈です。窓枠の赤い彩色も。

090209_4.jpg
一見長屋風の住宅です。屋根には暖房用暖炉の煙突が付いています。ドイツでは煙突掃除夫という職業があり、黒い清掃をし、シルクハットを被って仕事をしました。朝煙突掃除夫に出会うと良い事があると
言われていました。また煙突からサンタクロースが入ってくると言うのもゲルマン民話です。

090209_5.jpg
窓にデザインを凝らしたファルケンベルクの集合住宅

090209_6.jpg
強烈な青で彩色したファルケンベルクの住宅

090209_7.jpg
窓下のデザインに凝ったファルケンベルクの住宅

posted by 田中の住居学 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築家ブルーノ・タウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

ブルーノ・タウト設計の庭園都市ファルケンベルクその3

ドイツには人名が付いた道路が多数あります。ファルケンベルクの住宅団地付近にはブルーノ・タウトに因んだブルノ・タウト道り、ブルーノ・タウト環状道路(Bruno Taut Ring)があります。私が1971年から1973年の間在籍しましたベルリン工科大学へルマン・リーチェル研究所はMrchstr.4というところにありました。これはベルリンのオリンピック競技上などを設計した建築家Marchの名前に因みます。

090202_1.jpg
ファルケンベルクは庭園都市と名づけられているだけあって今も緑が豊かである。「庭園都市ファルケンベルクは建築家ブルーノ・タウト教授の設計により1913〜1915念に建設された。」というさりげない看板があった。

090202_2.jpg
「庭園都市通り」「ブルーノ・タウトリンクは150 m先」の標識

090202_3.jpg
ファルケンベルクには「ブルーノ・タウト通り」と名づけられた道があります。

090202_4.jpg
ファルケンベルクの住宅には空き巣に対する警告か「闘猫あり」の看板を出す家もありました。

posted by 田中の住居学 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築家ブルーノ・タウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。