2010年8月に「建築家ブルーノ・タウト 人とその時代,建築,工芸のご紹介」を上梓しました。購入はこちらからお申込み下さい。 トップページには最新の記事が表示されます。最新5件の記事はメニューの一番上「最近の記事」に記載されています。それ以前の記事は「月ごとの記事」「カテゴリ」等でご覧下さい。

2009年10月26日

ダーレビッツに残るブルーノ・タウト設計の旧自邸(1)

ベルリンの南50kmほどの所にダ−レビッツ(Dahlewitz)と言う村があります。ここにブルーノ・タウトが自ら設計し、台頭してきたナチス政権を逃れて来日するまで住んでいた旧宅があります。来日して書いた「日本・タウトの日記」にも良く出てくる旧宅で、タウトが思いを馳せていた事を思わせます。かってこの住宅を訪問した際に現在の所有者である女流画家から「旧宅の損傷が激しくなっているのでタウトファンの多い日本からも修復の援助をしてもらえないか」と打診を受けたことがありました。日本経済新聞の文化欄、その他を通じて寄付を呼びかけましたが、日本の経済状態は悪化の一途をたどりとても寄付を仰ぐ状況ではなくなりました。その間にタウト設計のベルリンの集合住宅4件が2008年7月にユネスコの世界文化遺産に指定されるようになりました。そしてドイツでもタウトの名が有名になりました。その結果旧宅の建つブランデンブルグ州と重要建築物保存協会が修復の予算をつけてくれることになりました。この住宅は現在個人も所有であります。日本で寄付集めを始めようとしたときにも「個人の所有」ということが問題になりました。外国にある個人財産の価値を寄付金で修復し高めるという事は憲法違反であるという事まで言う人も現れました。ドイツでは「老婦人が旧東独の乏しい年金で有名建築を維持管理してきたことだけでも素晴らしいことであり、ここに公的資金を導入することは問題が無い」との事でした。古いものを大切にするということで、ドイツ人の考え方に感服した次第です。

091026_1.jpg
旧宅庭側、白い外壁

091026_2.jpg
旧宅道路側のチャコールグレーの外壁

091026_3.jpg
旧宅の外壁には「記念建築物」のプレートが貼られている。

091026_4.jpg
旧宅の居間。タウトが日本で唯一残した作品旧日向別邸(熱海市)の居間と雰囲気が似る。旧宅ではこの段に腰掛けてダーレビッツの森を見た。

091026_5.jpg
旧宅の居間から見た隣接するダーレビッツの森と自宅の庭。ここに見るようにタウトは放熱器にも着色した。ポンプを使用しない重力式温水暖房のため放熱器は大きい。

posted by 田中の住居学 at 00:00| Comment(0) | 建築家ブルーノ・タウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。