2010年8月に「建築家ブルーノ・タウト 人とその時代,建築,工芸のご紹介」を上梓しました。購入はこちらからお申込み下さい。 トップページには最新の記事が表示されます。最新5件の記事はメニューの一番上「最近の記事」に記載されています。それ以前の記事は「月ごとの記事」「カテゴリ」等でご覧下さい。

2008年10月06日

ワイン通りのブルヴァイラー2:鋳鉄製暖炉の博物館2

ここの展示は鋳鉄製暖炉の鋳造場所、製造年、寸法も記述されており、素晴らしいものでした。シュトリンチンガー家の努力に敬意を払いつつも、閉鎖の事態に陥ったことにさぞ無念であったことを思いました。
私に対する説明もなにか淋しげな感じがしたものです。

1208_1.jpg 1208_2.jpg

1208_3.jpg 1208_4.jpg

1208_5.jpg 1208_6.jpg


posted by 田中の住居学 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
田中辰明さま
ご無沙汰しています。過日はメールにて
記事のご連絡ありがとうございました。
嬉しく拝見いたしました。
このブログでも、先生の深い洞察力を感じています。
一口に暖炉といっても、熱意を込めて造られたものは
趣がありますね。神戸の異人館にも各部屋に大きな暖炉があって驚きました。
昨夜、山中棟梁に三回忌のご挨拶をしてきました。
Posted by 香本博 at 2008年10月11日 18:34
昨年コメントを頂き、今頃お返事をする事お許しください。暖炉、特に陶器の暖炉(Kachelofen)は素晴らしいものがあります。実は昨日チューリッヒから帰国したのですが、会議の合間を見て博物館でKachelofenの写真撮影をして参りました。勿論撮影には許可が必要です。近くブログで公開したいと存じます。
Posted by 田中辰明 at 2009年05月11日 10:21
今日はめずらしいドイツの建築のお話を拝聴でき、興味深く楽しかったです。たまたま昭和43年から48年まで西ドイツのデューレン市に滞在していましたので、街の建築物を思い出していましたが、あの頃はまだカラフルな建物にお目にかかれませんでした。多分田舎町ですしまだ色は単純なものでした。ベルリンなどの大都会では壁崩壊後に建築ラッシュが続き、多色な色が壁に使われたのでしょうか?驚きました。また鋳鉄製の暖炉、形や飾りいかにもドイツ人らしく、笑ってしまいました。ありがとうございました。
Posted by 山口知子 at 2009年05月14日 23:23
Duerenは AachenとKoelnの間にある町だと思います。ドイツの伝統的な町ですから、ベルリンが変わっているのだと思います。ベルリンの壁にも様々な絵がカラフルに描かれておりました。
Posted by 田中辰明 at 2009年05月16日 11:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。