2010年8月に「建築家ブルーノ・タウト 人とその時代,建築,工芸のご紹介」を上梓しました。購入はこちらからお申込み下さい。 トップページには最新の記事が表示されます。最新5件の記事はメニューの一番上「最近の記事」に記載されています。それ以前の記事は「月ごとの記事」「カテゴリ」等でご覧下さい。

2009年02月16日

ブルーノ・タウト設計のカール・レギエンの住宅都市(Wohnstadt Carl Legien)

この住宅団地も2008年7月にユネスコの世界文化遺産に指定されました。ベルリンのPrenzlauer Bergにあります。1928年から1930年にかけて建設されました。タウトの他にFranz Hillingerが設計に協力しています。住宅団地の面積は8.4 ha、総面積は33.9 ha、緩衝帯面積は25.5 haで1145戸の住宅があります。ベルリン市の内部にあり、大規模なジードルングです。高密度な集合住宅で、高層化が計られました。それでいて圧迫感を抑え、通風や採光、色彩、形態に配慮が払われました。

090216_1.jpg
カール・レギエンの住宅団地中庭

090216_2.jpg
カール・レギエンの住宅団地の出窓に特徴がある。

090216_3.jpg
カール・レギエンの住宅団地・集合住宅の隅角部に取り付けられたガラス窓に特徴がある。

090216_4.jpg
カール・レギエンの集合住宅

090216_5.jpg
カール・レギエンの集合住宅ベランダは建物内に引っ込んでいる。
posted by 田中の住居学 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築家ブルーノ・タウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。