2010年8月に「建築家ブルーノ・タウト 人とその時代,建築,工芸のご紹介」を上梓しました。購入はこちらからお申込み下さい。 トップページには最新の記事が表示されます。最新5件の記事はメニューの一番上「最近の記事」に記載されています。それ以前の記事は「月ごとの記事」「カテゴリ」等でご覧下さい。

2009年04月06日

ブルーノ・タウト設計によるブリッツ(Britz) の馬蹄形団地

ベルリンのブリッツにある集合住宅で2008年7月にユネスコの世界文化遺産に指定された。
1925年から1930年にかけて設計と工事が行われ、主にブルーノ・タウトが担当をした。住宅団地の面積は37.1 ha、緩衝帯面積73.1 ha、総面積110.2 haの大住宅団地である。1,963戸の住宅があり、その内1,556戸は集合住宅で、407戸がタウンハウスタイプである。馬蹄形の住宅が有名であるが、その馬蹄形から放射状に長方形の集合住宅も並ぶ。多くは燕尾色などに彩色されている。


090406_1.jpg
2008年7月にユネスコの世界文化遺産に指定されたブリッツの馬蹄形住宅です。建物が大きいので、地上からでは馬蹄形になっている事が分かりません。

090406_2.jpg
ブリッツの馬蹄形住宅で中庭が見渡せる場所から撮影しました。

090406_3.jpg
ブリッツの馬蹄形住宅の階段室のある部分です。タウトは彩色を施す事でアクセントを付けました。

090406_4.jpg
タウトは馬蹄形住宅から放射状に出る長方形の集合住宅も設計しました。ここでは臙脂色に彩色が施されています。

090406_5.jpg
馬蹄形住宅を中庭から眺めたところです。

090406_6.jpg
2008年7月にユネスコの世界文化遺産にしていされたブリッツの馬蹄形住宅の中庭にはタウトの顕彰碑があります。



posted by 田中の住居学 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 建築家ブルーノ・タウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
グーテンタークの会で今日うかがった集合住宅の外見にカラフルな色が使用されていたので、多分寒い冬のドイツには住む人々にこころのよりどころと明るさをもたらすのではないかと思いました。素晴らしい色使いです。
Posted by 山口知子 at 2009年05月14日 23:44
早速ご意見を頂き有難うございました。小平であのような立派な集まりがあるのに感心をいたしました。
Posted by 田中辰明 at 2009年05月16日 11:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。