2010年8月に「建築家ブルーノ・タウト 人とその時代,建築,工芸のご紹介」を上梓しました。購入はこちらからお申込み下さい。 トップページには最新の記事が表示されます。最新5件の記事はメニューの一番上「最近の記事」に記載されています。それ以前の記事は「月ごとの記事」「カテゴリ」等でご覧下さい。

2009年04月13日

タウトの伴侶エリカの墓

Tautの伴侶Ericaの墓はタウトとエリカの間に1918年10月24日に生まれた娘KlarissaによりBritzのKoppelwegにある墓地に建てられた(タウトの名前はメモリアルで遺骨は埋葬されていない)。


090413_1.jpg
行方が分からないとされたタウトの伴侶エリカの墓は馬蹄形住宅団地のあるブリッツのKoppelwegという道にある市営墓地にありました。


090413_2.jpg
タウトの伴侶エリカの墓はKoppelwegの墓地の一番奥まった所にありました。しかし墓石の前の樅が茂り直ぐには見つけることが出来ませんでした。この写真もドイツ人の友人に左右で引っぱって頂きやっと撮影したものです。エリカは日本から帰国し、収入も無く最後は失明し、1975年にベルリンで亡くなったそうです。


1916年タウトはErica Wittichと知り合い同棲するようになる。1933年Ericaと共に来日。Ericaはベルリンの町を形作った大建築家Karl Friedrich von Schinkelの血を引くという説がある。「日本−タウトの日記」の訳者篠田英雄先生は次のように日記の解説に述べている。
エリカ夫人は、1939年9月に、タウトの遺稿ならびに遺品とデスマスクを携えて、再び日本を訪れた。デスマスクは、高崎におけるタウトの旧居「洗心亭」のすぐ傍の少林寺達磨寺に納められたのである。この年の12月24日に、エリカ夫人と少数の知友とが達磨寺に集まり、住職広瀬大蟲を導師として一周忌の法要を営んだ。その後、日本をも含めて世界の情勢は急速に変転しまた悪化した。ドイツ人であるエリカ夫人にとって、日本はもはや住みよい地ではなくなった。・・・
たぶん46年にアメリカを経て帰国したらしいが、日本のどの知人も、その後の消息を知る事ができずにいる。であるが夫人は既に高齢の筈である。上野氏は、1958年に戦後のベルリンを訪ねたが、マクス・タウト氏ですら、エリカ夫人が東ドイツに居住しているということ以外には何も知るところがなかった。いずれにせよ、この日記と共に、日本に関するタウトの著作原稿は、その保全に忠実であったエリカ夫人のお蔭で、すべてこの国に残されることになったのである。(タウトの日記解説:篠田英雄:昭和50年6月)



090413_3.jpg
エリカの墓の近くにあった人形です。タウトの為に一生懸命尽くしたエリカもタウトの作品ブリッツの集合住宅の近くで波乱に満ちた生涯を終え静かに眠っています。全て世は事も無し


090413_4.jpg
高崎の少林山達磨寺の庵「洗心亭」で過ごしていたブルーノ・タウトと伴侶エリカです。


ブルーノ・タウトは大変な偉人であったが、日本における活動は伴侶エリカの出来すぎる手助け無しには達成できなかったはずである。特に篠田先生が記述されているようにエリカがトルコから苦労をしてタウトの遺品を日本に持ち込まなければ殆どの事が忘れ去られていたであろう。


090413_5.jpg
ブルーノ・タウトと伴侶エリカが過ごした少林寺達磨寺の洗心亭も木造建築で痛みが激しくなりました。2008年に無事改修が終わり、その年の12月24日(タウトの命日、没後70年)に竣工披露が行なわれました。


posted by 田中の住居学 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築家ブルーノ・タウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。