2010年8月に「建築家ブルーノ・タウト 人とその時代,建築,工芸のご紹介」を上梓しました。購入はこちらからお申込み下さい。 トップページには最新の記事が表示されます。最新5件の記事はメニューの一番上「最近の記事」に記載されています。それ以前の記事は「月ごとの記事」「カテゴリ」等でご覧下さい。

2009年04月20日

ブルーノ・タウト設計のオンケルトムズヒュッテの集合住宅

2008年7月にベルリンに1920年代に建設された集合住宅がユネスコの世界文化遺産に指定された。その内4件はブルーノ・タウトが中心となって設計を行ったものである。この4つの住宅団地がタウトの代表作かと言うと必ずしもそうではない。高く評価されているタウト設計の住宅団地にはベルリンのツェーレンドルフ(Zehlendorf)地区のオンケルトムズヒュッテ(Waldsiedlung Onkel Toms Hütte)住宅団地がある。これは森の団地と呼ばれている。森の中に建つ集合住宅群であるが1926年から1931年の間に建設されている。タウトが青春時代を過ごし、妻を得たベルリン郊外の地コーリン(Chorin)の森林をここで再現させたと言われる。ここにはタウトの顕彰碑も建っている。ブリッツの馬蹄形集合住宅とほぼ平行して計画が進められ、タウトの最も円熟した時代の作品と言われている。


090420_1.jpg
アルゼンチン通りの集合住宅

090420_2.jpg
森の団地オンケルトムズヒュッテの集合住宅は芝生と白樺
と松が共にある。

090420_3.jpg
オンケルトムズヒュッテの団地は地下鉄の線路の北と南に広がっています。北側はオウム地区と呼ばれる非常に派手な彩色を施した団地があります。その一部を紹介します。

090420_4.jpg
これもオウム地区の集合住宅です。

090420_5.jpg
オンケルトムズヒュッテの集合住宅です。

090420_6.jpg
オンケルトムズヒュッテにあるブルーノ・タウトの顕彰碑です。


posted by 田中の住居学 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 建築家ブルーノ・タウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして(先ほど投稿しましたがメールアドレスを書いていなかったので反映されていないかと思います)。
「タウト」を検索してお伺いたしました。
私は「タウト」のことは何も知りませんでしたが、
先日あるところで彼の名を耳にし
「どんな建物を造った人だろう?」
と、ネット検索してみたのです。
こちらに伺い
「あ、この建物!!!!」
とびっくりいたしました。
私が住んでいた所の近所の建物だったからです。
有名な建築家の作品だったのですね。
何も知らない私でも、これらの建物はとても印象に残っています。
色遣いが特に印象的でした。

こちらのブログでは最寄駅の駅舎など、懐かしい場所の写真を見つけました。
またお邪魔させてください。
よろしくお願いいたします。
Posted by Cecilia at 2009年06月06日 12:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。