2010年8月に「建築家ブルーノ・タウト 人とその時代,建築,工芸のご紹介」を上梓しました。購入はこちらからお申込み下さい。 トップページには最新の記事が表示されます。最新5件の記事はメニューの一番上「最近の記事」に記載されています。それ以前の記事は「月ごとの記事」「カテゴリ」等でご覧下さい。

2009年07月27日

ブルーノ・タウト設計のオリヴァー通り集合住宅

ブルーノ・タウト設計のオリヴァー通り集合住宅“Wohnanlage Olivaerstrase“は、すでにご紹介したシェ−ンラカ−通りの集合住宅“Wohnanalage Schonlankerstrase”に近接して建てられています。ルディ・アルント通り(Rudi-Arndtstrase)とコンラッドブレンケレ通り(Conrad-Blenklestrase)に面して建っており120戸の住戸があります。建築主はGEHAGです。1950年に再建されたもので1990年に道路側のファッサードが修復されました。ルデイ・アルント通り(Rudi-Arndtstrase)に沿った長い敷地しかなく集合住宅の配置計画として苦慮したそうです。この集合住宅が1室半の住居の典型的な例です。1住居の幅が6.6m、奥行きが12mと広くは無い住居です。
ベルリンに良く見られる集合住宅のタイプで住戸の後ろに庭を配しています。19世紀の集合住宅として極めて近代的なものです。


090727_1.jpg
ルディ・アルント通り(Rudi-Arndtstrase)とコンラッドブレンケレ通り(Conrad-Blenklestrase)の角の外壁です。丁度1階のアジアの食品を販売する商店が入居していました。


090727_2.jpg
ルディ・アルント通り(Rudi-Arndtstrase)側の集合住宅を中庭側から撮影したものです。



090727_3.jpg
1926〜1927年にかけ建設された当時としては上級の労働者住宅であったと考えられます。


posted by 田中の住居学 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築家ブルーノ・タウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。