2010年8月に「建築家ブルーノ・タウト 人とその時代,建築,工芸のご紹介」を上梓しました。購入はこちらからお申込み下さい。 トップページには最新の記事が表示されます。最新5件の記事はメニューの一番上「最近の記事」に記載されています。それ以前の記事は「月ごとの記事」「カテゴリ」等でご覧下さい。

2007年04月30日

復活祭

キリスト教会で、イエスの復活(処刑後3日目に蘇る)を記念して春分後の満月直後の日曜日に行う祭事で、イースターと呼びます。ドイツ語ではオステルン(Ostern)になり、国民の祝祭日となり多くの人は1週間ほど休暇をとります。

20rabi1.jpg

今の西洋暦では毎年何月何日と決めるわけにもいかず、毎年かなりのずれがあります。キリスト教国でないところでは何時が復活祭なのかも不明で、この時期に商用で欧州を訪ねようとすると先方は休暇中で商用が出来ないということもあります。毎年復活祭付近に行っている見本市も復活祭をはずして開催されるので、これも日程がわからなくなります。

20rabi2.jpg

復活祭ではゲルマンの古代からの風習であるとされているが卵を飾ります。また大きめなチョコレートで作った卵があり、これを庭の樹木の下に隠し、子供が探すという子供の喜びもあります。また復活祭には何故かウサギがつき物であります。うさぎがイースターの卵を持ってきて木の根本に隠すと伝えられています。各商店や家庭ではウサギを飾ります。

20rabi3.jpg

ロシア帝国の最後の皇帝ニコライ2世が、皇后への贈り物として、宝石の細工師ファベルジェに作らせたものは宝石、金銀をちりばめ、「インペリアル・イースターエッグ」と呼ばれ最も高価なものは11億円もの値段が付いたそうです。卵は新しい生命の誕生を意味しますし、ウサギは多産であることから「豊穣、子孫繁栄」を意味するそうです。ちなみにプレイボーイ誌がウサギをシンボルとしているのもウサギが多産であることから「セクシー」を意味する事によるそうです。

20egg.jpg
キリスト教の暦を知らない我々にとっては少々迷惑な復活祭の休暇でありますが、復活祭が過ぎると長かった冬も終わり、花々が一斉に咲き春がやってきます。ちなみに2007年の復活祭は4月8日でした。
日本の正月休みは欧州のクリスマス休暇に、5月の連休はイースター休暇に相当し、纏めた休みが取れこの日が来ることを楽しみにしています。


posted by 田中の住居学 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。