2010年8月に「建築家ブルーノ・タウト 人とその時代,建築,工芸のご紹介」を上梓しました。購入はこちらからお申込み下さい。 トップページには最新の記事が表示されます。最新5件の記事はメニューの一番上「最近の記事」に記載されています。それ以前の記事は「月ごとの記事」「カテゴリ」等でご覧下さい。

2007年09月17日

駅舎

no34_1.jpg
ベルリンのS-Bhan(都市近郊電車)メキシコ広場の駅舎

最近通勤電車で人を押したとか、足を踏んだとか、携帯電話を止めろとか、大した事でなくても怒鳴りあい、場合によっては殴るなどの暴力沙汰が増えています。

no34_2.jpg
ベルリンの地下鉄ダーレムドルフの駅舎

家族関係がうまくいかないのか、会社へ出ても仕事が面白くないのか、皆様イライラして通勤をしているようです。ひどい場合は電車に飛び込んでしまう人まで現れる状態で、これが原因で列車は遅れます。

no34_3.jpg
ベルリンの地下鉄チールプラッツの駅舎

ドイツの都市の通勤電車を見ると乗客も少ないせいか、少なくとも車内での暴力沙汰や罵声を浴びせるなどと言うことはありません。駅舎を見ても首都ベルリンの場合、どの駅も極めて風情があり、ロマンチックであります。

no34_4.jpg
ベルリンの地下鉄ポドビルスキアレーの駅舎

その駅舎のいくつかを写真で紹介しますが、このような駅舎から乗り降りしているとイライラするような事も少なくなるのかもしれませんね。

no34_5.jpg
ベルリンの地下鉄ブライテンバッハの駅舎



posted by 田中の住居学 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 街並み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。