2010年8月に「建築家ブルーノ・タウト 人とその時代,建築,工芸のご紹介」を上梓しました。購入はこちらからお申込み下さい。 トップページには最新の記事が表示されます。最新5件の記事はメニューの一番上「最近の記事」に記載されています。それ以前の記事は「月ごとの記事」「カテゴリ」等でご覧下さい。

2007年11月19日

ヴォルムス(Worms)

ドイツの町ヴォルムスと言ってもご存じない方が多いでしょう。世界史には時々登場する町ですが、敢えて観光でこの町を訪問しようという人は多くないでしょう。フランクフルトから南に100 kmほどの処にあります。

no44_1.jpg
ヴォルムスの町は城壁によって囲まれていた。

1122年にこの町でヴォルムスの協約が結ばれています。当時の欧州はキリスト教国家でありました。教会組織が実権を握っていました。聖職者はラテン語を勉強するなど、教養も高かったのです。一方世俗諸侯も存在し、その頂点が皇帝でした。皇帝と教皇との権力争いはあちこちで起き、この協定がヴォルムスで行われたと言われます。またローマ教会に反旗を翻したマルチン・ルターはヴォルムスの勅令によって1521年5月に帝国追放刑にあっています。

no44_2.jpg
ヴォルムスの町にあるルター記念像

しかしルターは勅令が出されるより前にチユーリンゲンの森で覆面の騎士にさらわれるという形で、守りの堅固なヴァルトブルグ城に連れ去られ、フリードリッヒ王にかくまわれます。ここで、ルターはギリシャ語の聖書を独訳し、グーテンベルグの印刷術を使用して世界に聖書を広めます。

no44_3.jpg
ヴォルムスの町の大聖堂(ドイツでは珍しいロマネスク様式)Dom St. Peter
(同じ写真がありますので、これと交換してください。)

この町はルターとゆかりが深いことからルター記念像(Lutherdenkmal)、ドイツでも数少ないロマネスク様式の大聖堂Dom St. Peterがあります。またユダヤ人が多く居住していました。最古のユダヤ人墓地もこの町にあります。1076年と記された墓標が残っています。

no44_4.jpg
ヴォルムスの町に残るユダヤ教会

ルター記念像は彫刻家エルンスト・リーチェル(Ernst Rietschel)によって造られました。ワイマールにあるゲ−テ・シラー像と共に氏の代表作であります。エルンスト・リーチェルの子息がヘルマン・リーチェルで、職人の技であった換気や暖房を学問として体系づけた方でベルリン工科大学教授となり、大学には氏を記念してヘルマン・リーチェル研究所があります。筆者はそこで、1971年〜73年の間客員研究員として在籍させていただき、その間に得た交友関係は大変に得難いものと感謝している次第です。

no44_5.jpg
ヴォルムスの町にあるユダヤ人墓地
posted by 田中の住居学 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 街並み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。