2010年8月に「建築家ブルーノ・タウト 人とその時代,建築,工芸のご紹介」を上梓しました。購入はこちらからお申込み下さい。 トップページには最新の記事が表示されます。最新5件の記事はメニューの一番上「最近の記事」に記載されています。それ以前の記事は「月ごとの記事」「カテゴリ」等でご覧下さい。

2007年12月03日

ザクセンハウゼン(Sachsenhausen)

我が国では「日本軍の関与により沖縄で集団自決があった」という記述ですら教科書から抹殺されそうになりました。ドイツと日本の戦後処理の相違がいろいろ言われています。
ドイツではベルリンの繁華街にかつて存在したユダヤ人強制収容所の地名を記し、「この事実を決して忘れてはいけない」と書かれています。

no50_1.jpg
ベルリンの繁華街に立つかって強制収容所があった場所を示す看板。下から5つめにザクセンハウゼン(Sachsenhausen)の地名がある。

ドイツにも右翼はいますが、この看板にペンキが吹きかけられたなどと言うこともありません。この看板にSachsenhausen(ザクセンハウゼン)という地名が見られます。これはベルリンの中心から北々西約40 kmの所にあり、郊外電車で行くことも出来ます。
ベルリンに一番近い強制収容所です。かつての収容所そのままに保存され、見学者を受け入れています。特に教員に引率され見学に来る高校生グループもいます。

no50_2.jpg
ザクセンハウゼンの強制収容所入り口にはアウシュヴィツ強制収容所と同様に「労働は自由を与える “Arbeit macht Frei”」と書かれている。

ドイツは戦争の被害を受けたと同時に仕掛け人でもあったことを永遠に忘れてはいけないという意志でこのような施設が公開されています。

no50_3.jpg
ザクセンハウゼンの強制収容所、収容者の集団トイレ
no50_4.jpg
収容者の服、収容者番号が記されている。
no50_5.jpg
ザクセンハウゼン強制収容所の寝室

ドイツの教科書も戦争の記述、特にナチスの蛮行に関する記述は実に詳しく書かれています。ドイツは近隣諸国と上手な付き合いが行われているのに対し、我が国はぎくしゃくした対応が続いています。

no50_6.jpg
当時の処刑法が描かれたパネル

no50_7.jpg
当時の政治犯の独房

no50_8.jpg
収容所における死体処理場


posted by 田中の住居学 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。