2010年8月に「建築家ブルーノ・タウト 人とその時代,建築,工芸のご紹介」を上梓しました。購入はこちらからお申込み下さい。 トップページには最新の記事が表示されます。最新5件の記事はメニューの一番上「最近の記事」に記載されています。それ以前の記事は「月ごとの記事」「カテゴリ」等でご覧下さい。

2008年01月21日

ツェレ・ボーマン博物館 生活

ツエレ(Celle)のボーマン博物館はドイツ人の生活について展示を行っています。居住環境学を研究していた小生にとって興味のある展示があります。

no102_1.jpg
ツエレのボーマン博物館にはドイツの住宅の歴史も展示されています。これは9世紀頃の住宅の模型ですが、木造による柱、梁が主構造でした。日本の住宅造りと共通点が見られます。

現在はRC(鉄筋コンクリート)やレンガ積みの建物が多いドイツでも昔は木造建築が主流であったことが伺われます。太めの柱、梁を使って主構造が作られました。木造はうまく乾燥して使用すれば永久に使用できます。

no102_2.jpg
後期石器時代の住宅だそうですが、主構造は木造、長さ30 m、幅7 mであったそうです。

セメント、ガラス、鐵、アルミニウム、合成樹脂など多くの建築材料は製造の段階で多量の二酸化炭素を排出します。木の製造の段階は森林で成長している時です。このときには二酸化炭素を吸収して成長しています。

no102_3.jpg
後期石器時代は既に火が使われました。室内で火を燃焼する事で調理が行われ、採暖も行われました。ここに展示された調理器具はもっと後生のものでしょう。

住宅が不要になっても多くの建築材料は産業廃棄物になりますが木材は燃料にもなり、また次の木材成長のための肥料にもなり循環いたします。

no102_4.jpg
これも当時の採暖と調理に用いられた暖炉です。


posted by 田中の住居学 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。