2010年8月に「建築家ブルーノ・タウト 人とその時代,建築,工芸のご紹介」を上梓しました。購入はこちらからお申込み下さい。 トップページには最新の記事が表示されます。最新5件の記事はメニューの一番上「最近の記事」に記載されています。それ以前の記事は「月ごとの記事」「カテゴリ」等でご覧下さい。

2008年01月28日

ボーマン博物館における居住環境学展示

私はお茶の水女子大学で居住環境学の講義を平成5年以来していました。居住環境学という名前は当時他の大学にはありませんでした。生活科学部の発足と同時に居住環境学という講義も始まったのです。

103_1.jpg
ボーマン博物館ではドイツの昔の生活を示す模型が多数展示されています。居住環境学を専攻していた者にとって大変興味深い展示でした。オランダのタイルが使用された中産階級家庭の厨房です。


103_2.jpg
20世紀初頭の厨房です。食器として使用される陶器が立派に成っています。

他の大学の住居学科などではいかにうまく設計を行うか、工事を行うかを主眼に教育と研究が行われます。私の所では家政学部の伝統を継いでいるものですから、居住者の立場で「如何に上手く住むか」という研究・教育を行って参りました。

103_3.jpg
これは19世紀末の厨房の模型です。

103_4.jpg
19世紀末の厨房です。室内で燃焼が行われ、どの様に排煙を行ったのでしょうか?


もちろん「如何に上手く住むか」と「如何に上手く設計するか」という事は表裏一体の問題です。しかしボーマン博物館を訪問した際に居住環境学の原点はここにあったと感じたものです。

103_5.jpg
19世紀末の住宅の居間です。右の隅にあるのがカッヘルオーフェン(Kachelofen)と呼ぶドイツで広く使用された陶製暖炉です。

103_6.jpg
19世紀末の住宅の居間です。ここの左隅にあるのがカッヘルオーフェン(Kachelofen)と呼ばれる陶製暖炉です。単なる暖房機だけでなく室内の装飾品も兼ねていました。


posted by 田中の住居学 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。