2010年8月に「建築家ブルーノ・タウト 人とその時代,建築,工芸のご紹介」を上梓しました。購入はこちらからお申込み下さい。 トップページには最新の記事が表示されます。最新5件の記事はメニューの一番上「最近の記事」に記載されています。それ以前の記事は「月ごとの記事」「カテゴリ」等でご覧下さい。

2008年02月25日

ホンブルク民俗博物館

ホンブルクの民俗博物館はややもすると右翼的色彩の強い展示が行われているのでないかと言う印象を与えてしまったかも分かりません。決してそうではなく、歴史を展示する結果そのような展示もせざるを得なかったというのがSchmittさんの解説でした。一般庶民の生活を紹介する展示もたくさんありました。その一部をここに紹介いたします。

107_1.jpg
ホンベルク地方で使用されていた調理用暖炉です。暖房用も兼ねていたようです。

107_2.jpg
ホンベルク地方で使用されていた調理用暖炉です。

107_3.jpg
ホンブルク地方の厨房用暖炉です。再現されたものです。

107_4.jpgホンベルク地方では鋳鉄製暖炉だけでなく粘土による暖炉も使用されていました。

107_5.jpg
ホンブルクが一時衰退したのも水飢饉によるものでした。このような水道の石製導管が発掘されています。


posted by 田中の住居学 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。