2010年8月に「建築家ブルーノ・タウト 人とその時代,建築,工芸のご紹介」を上梓しました。購入はこちらからお申込み下さい。 トップページには最新の記事が表示されます。最新5件の記事はメニューの一番上「最近の記事」に記載されています。それ以前の記事は「月ごとの記事」「カテゴリ」等でご覧下さい。

2008年03月24日

木を使う

地球温暖化ガスである二酸化炭素の排出を減少させることが急務になっています。ドイツではそのために「木」を使うことに一生懸命です。

111_1.jpg
木を燃焼させて採暖する、調理を行うと言うことは原始時代から行われていました。(CelleのBoman 博物館)

111_2.jpg
このような暖炉でも燃料は薪でした。

木は森林で生長しているときに二酸化炭素を吸収して炭素として取り込みます。これを燃料にしようとし、薪として使用、ペレットとして使用することが流行しています。

111_3.jpg
カッヘルオフェンは過去の暖房機と見られますが、薪を燃料として使用するのに具合がよいことからまた見直されています。

111_4.jpg
2007年3月にフランクフルトで開催された暖房と衛生の国際見本市ISHでカッヘルオフェン(Kachelofen)が薪の燃焼に良いとして展示されていました。

ペレットを作るときも木の持っているリグニンで接着させ決して人工の接着剤を使用しないのが原則だそうです。
ドイツの木を使うことで、ドイツの林業を活性化させようと言うのが彼らの主張です。我が国においても同じ事がいえます。

111_5.jpg
豪華なカッヘルオフェンも薪を燃焼させて展示されていました。

111_6.jpg
ドイツの材木屋さんです。左にあるのがペレットです。ペレットをストーブの燃料として使用することが薦められています。


posted by 田中の住居学 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 街並み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。