2010年8月に「建築家ブルーノ・タウト 人とその時代,建築,工芸のご紹介」を上梓しました。購入はこちらからお申込み下さい。 トップページには最新の記事が表示されます。最新5件の記事はメニューの一番上「最近の記事」に記載されています。それ以前の記事は「月ごとの記事」「カテゴリ」等でご覧下さい。

2008年04月28日

ホンベルクの宿

ホンベルク(Homberg)では町の観光局が世話してくれた庶民的な(家族的な?)宿に泊まりました。

116_1.jpg
宗教がらみの絵は多く見られます。

町が鉄工業で賑わったホルツハウゼン(Holzhausen)に近いものですからこの宿の壁には鉄製の飾りが沢山掛けてありました。

116_2.jpg
Fritzlarのドームというタイトルが付いています。Hombergに来るのにドイツ鉄道(Bundesbahn)のWabernで降りてタクシーで来た事を紹介しました。WabernからHombergと反対側5km程の所にFritzlarがあり、ここのゴッシクドームは有名です。

この町は1週間位滞在し休暇を楽しみに来る人が多いようです。他の宿泊客は宿の庭でゆっくり日光浴を楽しんだりしていました。小生のように博物館や町並み、お城を短い時間で駆けめぐるような事をしません。

116_3.jpg
バラをモチーフにしたものでしょうか?

116_4.jpg
昔の将軍の像でしょう。

116_5.jpg
年上の子供が弟たちに食物を分けている像です。よく見ると猫と犬が餌を食べていますね。

1泊して翌朝宿代を払おうとしたら女主人に「もうお帰りかい?なにか私共に手落ちでもありましたか?」と怪訝な顔をされました。「いえ最初から市の観光局に1泊でお願いしていました」と申し述べ次の町Stuttgartへ向かった次第です。

116_6.jpg
馬車に荷物を積んで、どこかへの移動でしょうか?

116_7.jpg
これはヘルマン記念像と呼ばれます。9世紀までドイツの土地はローマ人によって支配されていました。それがゲルマンの武将アルミニウスがローマの武将ヴァールスを破りローマ人を追放します。アルミニウスのドイツ名がヘルマンです。この戦場がトイトブルクの森と言われましたが実際は最近カルクリーゼであった事が証明されました。この像の実物はトイトブルグの森に立っています。この像は国民の拠金、国家の決議による援助で建設され愛国的、軍事主義的よりどころとなりました。
posted by 田中の住居学 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。